Even Hell has its Heroes
Directed by Clyde Petersen

Since 1989, the slowest metal band on the planet has conjured some of music’s most striking tectonic changes. Not only did the band Earth create a glacially paced subgenre of metal and accidentally play a pivotal role in the popularization of grunge, but visionary leader Dylan Carlson also did it while battling small-town boredom, heroin addiction, and the tragic death of his roommate and best friend, Kurt Cobain.

Despite the high volume of its beloved and beautiful drone metal, Earth has rarely had much to say for itself. For the first time, in a moving saga that respects the music as much as the ragtag cast of eccentrics and surreal Pacific Northwest majesty that shaped it, Clyde Petersen gets to the core of the could-have-been-tragic triumph of Earth, the slow band that changed everything it touched.

Film description by Grayson Currin


イーヴン・ヘル・ハズ・イッツ・ヒーローズ
地獄でさえ その勇者たちがいる

クライド・ピーターセン監督作品

1989年以来、地球上で最もスローなメタルバンドが、音楽の劇的な地殻変動を引き起こしてきた。このアースというバンドは、氷河の流動を思わせる低速メタルの創始者であり、グランジの大流行においては偶然にも極めて重要な役割を果たした。しかもそれは、ビジョナリー・リーダーであるディラン・カールソンが、苦闘の連続の中で生み出したものだった。スモールタウンの倦怠感、ヘロイン中毒、ルームメイトで親友だったカート・コベインの悲劇的な死の渦中で。

熱狂的なファンを持つ珠玉のドローンメタル作品の数々をリリースしているアースだが、今までバンド自体について語ることはほとんどなかった。クライド・ピーターセンはこの心揺さぶる叙事詩において、アースを形作ってきた多様で風変わりな人物たちや、バンドの背景にあるシュールな太平洋岸北西部の荘厳さに音楽同様に目を向け、初めてアースの核心に迫っていく。悲劇になっていたかもしれないアースの偉業。スローなバンドが全てを変えたのだ、その手が触れたものを。

作品解説: グレイソン・カリン
Translator: Yuichi Kaneko / 翻訳者: 金子裕一